NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

3. 遊び キャンプ道具

バックパックの選定(Bariloche60)

投稿日:2018年8月12日 更新日:

将来的には登山をしてみたいが、直近はトレッキングやソロキャンプをやろうと思います。
想像だけ膨れ上がって、購入したい持ちたい荷物も膨れ上がる…持てる荷物のサイズや重量的な制限がでてくるがちょっと想像が難しい。
ということで、逆に自分が持てそうなサイズのリュックを選定してみる。ん?バックパック?どう呼べばいいのか?

バックパックとリュックってどう違うのか?
バックパック(buckpack)は英語、リュックサック(rucksack)はドイツ語、だがどちらも「背中に担ぐ荷物袋」とのこと。日本の場合、登山等の大型のものは「バックパック」、日常生活で使うようなものは「リュックサック」と呼ぶことが多いらしい。
ここではバックパックと呼ぶことにする。

サイズ的には60Lくらいが限界そうな大きさなので、そこを目標にしてバックパックを探す。
有名どころのバックパックだと、2~3万以上する…初心者としてはまだそこまで求めていない…
探してみた所、アコンカグアというメーカーのBariloche 60(60L)というものが、1万円程度だったので購入してみました。

いい感じです…このバックパックを教材?にして、パッキングの勉強です…
なお、スパイダーコードに関してですが、他の方のサイトでは腰位置の小さなポケットに入っているという情報がありましたが、私の場合はサイドポケットに入っていました。







-3. 遊び, キャンプ道具


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お手頃でかわいいスポーツ用偏光サングラス(goodr)

はじめに 4,000円ほどのお手頃価格で購入できるgoodr(グダー)のスポーツサングラスを紹介します。 (ここでは“A Ginger’s Soul”モデルが対象) …

艦船めぐり(広島・呉)の体験談

はじめに 2021年8月に広島(呉市)にある「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)、「大和ミュージアム」に行ってきました。併せて「艦船めぐり」をしてきたので、その体験を紹介します。 後述しますが、艦 …

伊豆大島への行き方(船を使って格安で)

こずかい生活の私が、いかに安く伊豆大島に行くかを検討してみました。 私は埼玉に住んでいるので出発地は東京を前提として説明しています。どうしても料金が高くなってしまう飛行機の利用は検討の対象外としていま …

【2021年】伊豆大島への行き方(船を使って格安で)

東京から船を使って格安で伊豆大島へ行く方法を検討してみました。 ここで記載している情報は2021年11月時点のものであり、実際に計画を立てる際はネットや電話等で正確な情報を確認してください。 ダイジェ …

若洲海浜公園キャンプ場(1/3)

都内の若洲臨海公園のキャンプ場に行ってきました。 きちんと管理された公園で、色々な遊びができて、かつリーズナブルなキャンプ場でした。 キャンプ場の説明 www.tptc.co.jp  152 …