NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

3. 遊び キャンプ道具 トレッキング・登山道具

ST-310のやけど防止

投稿日:2019年4月7日 更新日:


キャンプで使っているシングルバーナーのST-310の紹介です。

SOTOシリーズ

火の扱いを専門にしている日本のメーカーということで、SOTO(新富士バーナー株式会社のアウトドアブランド)を使っています。


SOTOから色々な用途のバーナーが販売されており、どれを購入すれば良いか迷うかもしれません。
下記のSOTOのホームページで用途別のお奨めバーナーの説明があるので、こちらで検討して頂ければと思います。

私の場合、メインはキャンプであり、最初のバーナーということもあり、汎用的なST-310にしました。
(下記はAmazon限定の黒いモデルです。)

ちなみに、後から「登山もしたい」と思うようになりました。
ST-310だと、バーナー自体が結構重く大き目なのと、CB缶が大きいものしかないので、もっと小型・軽量の別途アミカスSOD-320を買おうと考えています。

購入したST-310とアクセサリ

点火アシストレバー(ST-3104)、ウインドスクリーン(ST-3101)のセット買いしました。


ST-310は、器具栓つまみを回してガスを出しながら、下にある点火スイッチ(電子ライターのカチッツっていうやつみたなもの)を押す必要があります。
この点火スイッチがかなり下にあって押しずらく、みなさん点火アシストレバーを買っているそうです。
ん~これで1,000円かぁ、高い…不便だし最初から付けてくれてもいいのに…

点火アシストレバー(ST-3104)の装着

点火アシストレバーそのものは次の通り。

装着はとても簡単です。
器具栓つまみを外して、点火アシストレバーを装着し、ネジを締めます。

点火レバーと点火アシストレバーの接合部は次の通り。
点火アシストレバーを押し下げると、点火レバーが押されて火が付く仕組みです。

その後、外した器具栓つまみを元に戻します。

ウインドスクリーン(ST-3101)の装着

ST-310の足にちょっと反らせてひっかけます。

ST-310のちょっと改造

ST-310を燃焼させると、足の部分に熱が伝わってとても熱くなり、ちょっと移動させよう等、足を触ると火傷します…
皆さんやっていると思いますが、この熱の伝導を緩和させるために、足にシリコンチューブを装着します。
自分の場合は、ウインドスクリーンを足にひっかける都合、変則的に装着します。

まずは、内径・外径が4mm×6mmのシリコンチューブを購入しました。

ウインドスクリーンを装着したり、折りたたんだりして、最適なサイズを決めます。
自分の場合は、長さ9.5mmにしました。

9.5mm長のシリコンチューブ4本を、ST-310の4本の脚に履かせていきます。
そのままだと引っかかってなかなか通せないので、洗剤をちょっと含めた水を付けてスムーズに通します。

完成イメージです。
シリコンチューブがあまり長すぎると足の根本までシリコンチューブが届いてしまい、折りたたむ時の邪魔になるので注意。

ST-310







-3. 遊び, キャンプ道具, トレッキング・登山道具


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊豆大島

初心者のための伊豆大島レンタカー事情

島内での行動計画を立てる上で知っておいた方が良いことを記載します。 知っておいた方が良いこと レンタカーがあれば効率よく観光できます。 伊豆大島では路線バスがあり、主要な観光スポットに停留所があるので …

ミレーのドライナミックの格安類似品

登山時のアンダーウェアとして、ファイントラックのドライレイヤーやミレーのドライナミックのものが有名ですが少々お高い… ここでは、イオンでミレーのドライナミックの格安類似品を見つけたので紹介 …

【2021年】伊豆大島への行き方(船を使って格安で)

東京から船を使って格安で伊豆大島へ行く方法を検討してみました。 ここで記載している情報は2021年11月時点のものであり、実際に計画を立てる際はネットや電話等で正確な情報を確認してください。 ダイジェ …

伊豆大島を自転車で一周した体験

伊豆大島はサイクリングの聖地、ということでサイクリングしてみたい!と考えました。 ただし、自分の場合、自転車素人だし、走り切れるのかどうか心配でした。そんな人のための記事になっています。 概要 伊豆大 …

若洲海浜公園キャンプ場(3/3)

キャンプ2日目となる2019年2月4日(月)です。 この日もいい天気で2月とは思えない暑さで、ほとんどTシャツで行動していました。 朝食は、米から炊いたリゾットを作りました。 その後は、昨日見れなかっ …