NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

3. 遊び 旅行

伊豆大島: 月と砂漠ライン

投稿日:

伊豆大島でレンタカーを運転する際、小心者の私が一番恐れるルートの紹介です。

概要

  • 裏砂漠に車で近づくための「月と砂漠ライン」を紹介します。
  • 大島一周道路から月と砂漠ラインに入り、車で10分程で駐車場に到着します。そこから徒歩で裏砂漠にアクセスできます。
  • ほぼ上り坂で、駐車場に近づくにつれ道幅が狭くカーブが多くなります。近辺は携帯の電波が入らないため、脱輪や接触等の事故や故障といったトラブルに見舞われると、抜け出すのが大変です。
  • 近くに売店、自動販売機、トイレはありません。最寄りだと大島公園に売店、自動販売機、トイレがあるので、事前にそちらを使用することをおすすめします。
  • 強烈な風が吹いています。春・秋・冬等はウインドウブレーカーが必要だと思います。
  • ちょっと大変ですが、三原山や温泉ホテルから南に歩いて裏砂漠に来ることもできます。
  • 余力があれば、オフラインでマップを見れるよう地図アプリの設定を変更しておくことをお薦めします。
    (Googleマップの設定方法はこちらを参照のこと。)

ルート

車で裏砂漠に近づくためのルートになります。

  • 元町港や岡田港から向かう場合は大島一周道路を時計回りに進んで、大島公園を過ぎた場所に月と砂漠ラインの入口があります。
    月と砂漠ラインの入口から終点の駐車場まで約3km(車で10分程)、駐車場から裏砂漠(展望台)まで徒歩10分になります。
  • 月と砂漠ラインは、ほぼ山を登っていく道になっており、駐車場に近づくにつれ道路幅が狭くなり、カーブが連続します。落ち着いて丁寧に運転していれば問題ないのですが、対向車が来て慌てて道路端に寄せたりすると脱輪する可能性があります。(時期や時刻にもよるのかもしれませんが、車とすれ違う機会はほとんどないです。)
  • このルートでは携帯の電波が入らないので、脱輪や故障等の車のトラブルに見舞われると、とっても面倒なことになります。携帯の電波が入らないと地図アプリも使えないので、どこに向かって脱出すれば最適なのかの判断も難しくなります。
  • 月と砂漠ラインに入る手前に裏砂漠入口がありますが、こちらは裏砂漠用レンタカーしか入れないので、一般は月と砂漠ラインを使用する必要があります。

走行のイメージ

実際の走行に関しては、izuoshimanaviさんの動画が参考になると思います。

駐車場

駐車場はそれほど大きくなく、駐車場奥に5~6台横に駐車でき、空きスペースを使えばもう少しか駐車できます。ちょっとした登り坂になっておりバックしづらいので、前方駐車(車の頭を奥に突っ込む)をおすすめします。
私が行った2021年11月には、仮設トイレがありましたが、今後どうなるか分からないので期待しない方が良いと思います。

救助の体験談

私が月と砂漠ラインを通った際に、車両故障で困っている人を助けた時の話です。

  • いきさつ
    • 月と砂漠ラインの途中で、車の故障で身動きが取れなくなっている人達がいました。
    • とりあえず、レンタカー店に連絡して救助を求める必要があります。
    • こちらの車は満員だったので数名を降ろして待機し、故障車の代表者を乗せて、島の南方向(筆島方面)に向かいました。携帯の電波が入る一番近い場所だと思われたため。
    • 筆島近辺で電波が入ったので、レンタカー店に電話しましたが不在でした。とりあえず、レンタカー店に連絡するよう地元のご家族に依頼し、元の場所に戻りました。
    • そこから我々とは別行動になりました。結局、レンタカー店には連絡が取れず、ご家族が大島の警察に相談し、警察に助けてもらったそうです。
  • 出来事を振り返って
    • 携帯電話・スマホでの通話を急ぐのなら、月と砂漠ラインから大島一周道路に出て、北にある大島公園近辺か、南にある筆島近辺に出る必要があります。
    • 車で移動する場合、筆島近辺の方が3分程近いのですが、大して変わらない印象です。大島公園に向かう道はカーブが少ないので、結果としてほ同程度の時間になるかもしれません。
    • 一時的な退避場所を考えるなら、バス停留所、売店・自動販売機、トイレがある大島公園をお薦めします。筆島近辺だと何もないので、さらに波浮港の近くまで移動する必要があるため。
    • 月と砂漠ラインの駐車場に近い場合、裏砂漠に戻る方法も考えられます。
      ただ、電波が弱いのと、風が強いのでかなり話しづらいかもしれません。LINEやSMS等での非通話のツールでの連絡が確実かもしれません。
    • オフラインでマップを見れるよう地図アプリの設定を変更しておくことをお薦めします。
      (Googleマップの設定方法はこちらを参照のこと。)







-3. 遊び, 旅行

関連記事

伊豆大島への行き方(船を使って格安で)

こずかい生活の私が、いかに安く伊豆大島に行くかを検討してみました。 私は埼玉に住んでいるので出発地は東京を前提として説明しています。どうしても料金が高くなってしまう飛行機の利用は検討の対象外としていま …

伊豆大島のおすすめホテル: Book Tea Bed

2021年11月に宿泊した際の情報に基づいています。 若い人と伊豆大島に行く場合は、また利用すると思います。 概要 伊豆大島の元町港にあるおしゃれなホテルです。(新宿御苑にもあります。) BookTe …

バックパックの選定(Bariloche60)

将来的には登山をしてみたいが、直近はトレッキングやソロキャンプをやろうと思います。 想像だけ膨れ上がって、購入したい持ちたい荷物も膨れ上がる…持てる荷物のサイズや重量的な制限がでてくるがち …

三原山でトレッキング・温泉・サイクリング

2019年9月1日(月)に伊豆大島に入り、三原山に登ってきました。 1日で三原山トレッキング、温泉、自転車とちょっと欲張りすぎて疲れたけど、とても楽しかったです!!友達とは来れないハードさかも&#82 …

軽量・格安のアタックザック

キャンプや登山で大きなバックパックを置いたあとの散策、遊び等で、サブの荷物入れがあるととっても便利な時があります。登山の用語ではアタックザックですね。 キャンプや登山を始めたばかりでこずかい生活の自分 …