ゆっきーのブログ

実践的なシステム設計開発、アプリケーションフレームワーク開発、トラブルシューティング、 後輩育成のためのブログ。その他、キャンプ、トレッキング・登山やレジャー等。

自己紹介

ゆっきーです。
埼玉在住、都内でシステムエンジニアをやっています。
色々なお客様向けにマイクロソフトやLinux系のインフラ構築、Javaや.NETを使った業務アプリケーションの設計や開発をやってきました。
最近では、アプリケーションフレームワーク、ミドルウェア構築、開発標準等の開発共通にかかわる業務をやっています。

今年、2018年で45才になりました。
これまで思っていても、できていなかったことをやってみようと思います。

気が付いたらベテランというか、上に先輩がいなくなってて、後輩をひっぱる立場になってます。仕事で学んだこと、気が付いたこと等をここに残そうと思います。それが、いずれ後輩やその他誰かのためになればと。
一方、プライベートでは、毎年何か目標を立ててそれを達成できるよう頑張っています。この辺のことも、ここに残して誰かのためになればと。

最近

2018年の目標:

  • ソロキャンプをやってみる。(最低1回)
    • 星空や景色のいい所に行きたいけど、宿泊等を考えるとお金が…そうだ!キャンプすればいいか!ということでキャンプをやろうかと。
  • 登山・トレッキングをやってみる。(最低、秩父1回+奥多摩1回)
    • 星空や景色を見る以外の時間はなにをしようか?時間をつぶせなさそう…そうだ!登山・トレッキングもいいかも!すぐには無理かもしれないが、軽量テントを持って数日の縦走して星空や山の上からの景色を見れたら幸せ!まずは、近場の奥多摩、奥秩父を登ってみたい。
  • ブログを作ってみる。
    • やりたいことをやるためには、どうしてもお金が必要になる。普段の生活でたばこを止めたりお弁当作りをして出費を抑える努力をしつつも、収入を増やすための手段としてブログをやってみる。仕事や趣味で得た知識を形に残し、自分の成長を後から把握したり、後輩への知識継承として。
  • その他の備忘録、先の目標等
    • ソロキャンプ、登山・トレッキング、ブログ等で時間とお金がかかるので、今年の路上研修はお休み。
    • ドローン, 一眼レフカメラ: 綺麗な景色を撮りたい、残したいからやってみたい。
    • ボルダリング、キャニオニング、SUP等をやりたい。
    • 米津玄師、[ALEXANDROS]、シェネルが好きになりました。

2017年の目標:

  • たばこをやめる。
    • 月3万のこづかいの中で遊びの費用をまかなう必要がある。こづかい以外の収入を増やすか、消費額を減らすか…消費額を減らす手段として禁煙を考えた。
    • 禁煙を始めるとストレスが増大し、仕事が手につかない可能性があるので、GWの連休を使って一気に禁煙しました。食べ物やお酒を暴飲暴食し、なんとか「吸いたい!」という気持ちをすり替えて、禁煙に成功しました。
  • 路上研修をやってみる。
    • 出会いがなければ作ればいい、という安易な発想。
    • 路上研修している何人かの先生に申し込んで初めて参加してみました。精神的な疲労が半端ない、先生曰く、異常行為を自らやっているので疲れるのは当たり前、とのこと。結果として、綺麗な人と話す際の変な緊張がなくなったことと、仕事上で知らない人に声をかける際の敷居が低くなったことが良かった。

大学時代

  • 大学に入り、マルチメディアネットワーク関連の研究室に入りました。
    WWWがなんとか使えるようになり、ホームページの作成やMosaic, Netscapeを使ったネットサーフィンで勉強していました。研究室のメールやWebサーバの管理で、bind, sendmail, CERN httpサーバの構築や運用をやっていました。
  • 自分がやっていた研究の関連で、Silicon Graphics社のIRIX系サーバを使っていました。Workstaionの隣で寝て、起きたら論文とプログラム作成して…なんてのをほぼ毎日続けるハードな日々でした…大学館内のイエローケーブルにトランシーバを付けようとしたら、ショートして館内のネットワークを全滅させたのは今となってはいい思いで…

小中高校時代

  • 兄の影響で小中学校あたりにパソコンに興味を持ちました。
    当時、ゲームをやりたくて、SHARPのX1(Z80系PC)というパソコンを買ってもらいました。夢幻の心臓, XANADU、テグザーというゲームをやっていたと思います。当時はやっていたベーマガ、BEEP、POPCOM等のパソコン雑誌を買って、ゲームのプログラムを入力し、遊ぶこともよくありました。ゼビウスをやるためにファミコンを買ってもらい、ファミコンでもBASICも買ってもらい、ゲームを作って遊んでいました。
  • 今度は自分でオリジナルのゲームを作りたい、ということでパソコンに付属のBASIC言語だと遅いので雑誌に載っていたアセンブラプログラムを入力し、アセンブリ言語を入力できる環境を作成しました。アセンブリ言語でゲームを作ろうなんてこともやっていましたが…中学生には難易度が高く断念しました…
  • 時代がちょっと変わって、主流はPC98系(intel8086系PC)になり、自分はEPSONの互換機を購入し、相変わらずゲームをやったりゲームを作ろうとしたり…

最後まで読んでくださってありがとうございました。

投稿日:2018年5月6日 更新日:

執筆者: