アプリ開発ときどきアウトドア

主にJavaを使ったアプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング ASP.NET Core 実装技術

ASP.NET Core: IHttpClientFactoryの単純サンプル

投稿日:2020年5月16日 更新日:


IHttpClientの使い方やサンプルの記事を書きましたが、後から見るとちょっと量が多いと感じました。
とりあえず動かしてみたい、概略を知りたい、急いでいる等の人向けに、もっと単純なサンプルを用意してみました。
冒頭の「IHttpClientの使い方やサンプルの記事」については下記をご覧ください。

使い方の要点

単純なサンプル

ASP.NET CoreのコントローラからIHttpClientFactoryを使ってWebAPIを実行するサンプルになります。

  1. サービス登録
    IHttpClientFactoryを使ってHttpClientクライアントを使う方法は、既定のクライアントを使う方法、名前付きクライアントを使う方法、型付きクライアントを使う方法等があります。
    その中で最も単純な「既定のクライアント」を使う場合、次のようにAddHttpClient()を宣言するのみです。
    public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
    {
        services.AddControllersWithViews();
    
        services.AddHttpClient();
    ...
    
  2. GET/POSTの実行
    IHttpClientFactoryは「依存関係の注入」で使用するため、コンストラクタの引数で指定します。
    HTTP要求を送信する場合、汎用的なHttpClient.SendAsync()を使う方法、シンプルなGetAsync(), PostAsync()等を使う方法があります。ここではシンプルな後者の方法で記載しています。
    public class HomeController : Controller
    {
    
        private readonly IHttpClientFactory _factory;
    
        private readonly ILogger<HomeController> _logger;
    
        public HomeController(
            IHttpClientFactory factory, 
            ILogger<HomeController> logger)
        {
            _factory = factory;
            _logger = logger;
        }
    
        public IActionResult Index()
        {
            return View();
        }
    
        public async Task<IActionResult> DoGet()
        {
            // HTTP要求の実行
            HttpClient client = _factory.CreateClient();
            HttpResponseMessage response = 
                await client.GetAsync("https://localhost:44372/api/ApiTest?param1=abc&param2=xyz");
    
            // ApiTestから取得した応答をテキストとして応答
            return Content(await response.Content.ReadAsStringAsync(), "text/plain");
        }
    
        public async Task<IActionResult> DoPost()
        {
            // フォームデータの作成
            var values = new Dictionary<string, string>();
            values.Add("param1", "123");
            values.Add("param2", "234");
            HttpContent content = new FormUrlEncodedContent(values);
    
            // HTTP要求の実行
            HttpClient client = _factory.CreateClient();
            HttpResponseMessage response =
                await client.PostAsync("https://localhost:44372/api/ApiTest", content);
    
            // ApiTestから取得した応答をテキストとして応答
            string responseBody = await response.Content.ReadAsStringAsync();
            return Content(responseBody, "text/plain");
        }
    
    }
    
  3. 参考:WebAPIのサンプル

    前述のIHttpClientFactory/HttpClientの接続先として使っているWebAPIも載せておきます。
    これらのWebAPIのURLはhttps://localhost:44372/api/ApiTestであり、GET/POSTに対応しています。
    GETの場合、クエリパラメータをJSONに格納して応答します。
    POSTの場合、フォーム内容をJSONに格納して応答します。

    
    [Route("api/[controller]")]
    public class ApiTestController : Controller
    {
        private ILogger<ApiTestController> _logger;
    
        public ApiTestController(ILogger<ApiTestController> logger)
        {
            _logger = logger;
        }
    
        [HttpGet]
        public IActionResult Get([FromQuery]string param1, [FromQuery]string param2)
        {
            _logger.LogDebug("Get() is invoked!");
    
            var dic = new Dictionary<string, string>();
            dic.Add("from", "ApiTest.Get()");
            dic.Add("param1", param1);
            dic.Add("param2", param2);
            return Json(dic);
        }
    
        [HttpPost]
        public IActionResult Post([FromForm]string param1, [FromForm]string param2)
        {
            _logger.LogDebug("Post() is invoked!");
    
            var dic = new Dictionary<string, string>();
            dic.Add("from", "ApiTest.Post()");
            dic.Add("param1", param1);
            dic.Add("param2", param2);
            return Json(dic);
        }
    
    }
    


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, ASP.NET Core, 実装技術

執筆者:

関連記事

IIS Expressでカスタムドメインと自己署名証明書

シングルサインオンの検証等を想定し、開発環境の複数のWebアプリに独自ドメイン名+SSLを使用したい。 Visual Studio 2019で作成したWeb系プロジェクトを前提とし、IIS Expre …

Windowsの証明書ストアの基礎知識と確認方法

証明書ストアの種類 証明書を格納する場所(証明書ストア)は、大きく分けて「ローカルコンピューター」「現在のユーザー」に分けられます。 それぞのれ証明書ストアは、「個人」「信頼されたルート証明書機関」等 …

slf4jで独自ログ項目を追加(MDC)

業務要件、障害発生時の処理追跡や証跡等、ログ出力に特定項目を含めたい場合があります。 共通のログ出力ユーティリティやライブラリを作って、その中でログ出力内容を変更しても良いのですが、MDC(Mappe …

開発環境のJBoss EAP7にリモートアクセス

開発中のものを他者に見せたり、問題が発生している開発者の開発物を参照するために、eclipse上で起動しているEAP7のWebアプリに別のPCからアクセスしたい場合があります。 このための手順を記載し …

mybatis-generatorプラグインの実装方法

mybatis-generatorを使うことで、各テーブルを操作するためのクラス群を容易に準備することができます。しかしながら、mybatis-generatorが提供する機能では、システム開発で求め …