NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング ASP.NET Core 実装技術

ASP.NET Core: Remote属性の過剰なHTTP要求を抑制

投稿日:2020年7月12日 更新日:

Remote属性は入力欄に対する文字入力やフォーカスが外れたタイミングで、サーバ側検証ロジックを実行できます。例えば、登録対象となるユーザIDが既に実在しないかの検証等、サーバ側でしか検証が難しい場合に有効です。

しかしながら、ユーザが文字を入力する度にサーバ側検証が実行(HTTP要求が発行)されるため、場合によってはネットワークやサーバの過剰な負荷になる可能性があります。
サーバ検証の呼び出しはキーアップイベントに紐づいているため、次のようにキーアップイベントを上書きすることで無効にできます。
(入力欄からフォーカスが外れた場合のみサーバ検証が実行されるようになる。)

...
$(function () {
    $("[data-val-remote]").keyup(function () { return false });
});
<script src="~/lib/jquery-validation/dist/jquery.validate.min.js"></script>
<script src="~/lib/jquery-validation-unobtrusive/jquery.validate.unobtrusive.min.js"></script>
<script src="~/js/site-validation.js"></script>

なお、フォームのサブミット時にRequired属性等のサーバ側の検証ロジックは自動的に実行されますが、Remote属性で指定した検証ロジックは実行されません。そのためサーバ側処理(コントローラ等)で明示的にRemote属性に対応するサーバ側検証ロジックを実行する必要があります。







-1. システムエンジニアリング, ASP.NET Core, 実装技術

関連記事

localhost(pfx)をPEM形式の証明書と鍵に変換

開発環境にて、Visual Studioのインストール時に追加されるlocalhostサーバ証明書(IIS Express Development Certificate)を、Apache httpd …

.NET Core(C#): DateTimeの使い方サンプル

はじめに サンプルは.NET Core 3.1(Windows 10)で動作確認しています。 型が分かりやすいよう変数宣言ではvarを使用していません。実装時はvarを使用することをおすすめします。 …

自己署名クライアント証明書の作成とIIS認証設定

概要 Windows(PowerShell)で自己署名クライアント証明書を作成し、IISで認証できるようにする手順を説明します。 使用する環境は次の通りです。 OS Windows 10(64ビット) …

Linux管理者おすすめ: viエディタの最小限コマンド

新入社員やUnix/Linux未経験がviで苦戦するのをよく見ます。 ネットではコマンドの説明を主とした内容が多く、このような資料を見てviを使うと、モードの違いが分からず、思ったように編集できないこ …

ルートCA、サーバ・クライアント証明書の作成方法

概要 検証・開発環境での使用を前提とした、ルートCA証明書の作成、その証明書で署名したサーバ証明書とクライアント証明書を作成する手順を説明します。 可能な限りシンプルで簡単な条件・手順になっています。 …