アプリ開発ときどきアウトドア

主にJavaを使ったアプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング Visual Studio 実装技術

Visual Studio 2019の開発用データベース

投稿日:

Visual Studio 2019でのASP.NET Coreを使ったシステム開発の標準化を検討している。
開発工程では技術検証、新機能向けのテーブル定義の検討、単体試験等を目的として、開発者が自由に使用できるローカルのデータベースが望まれる。ここでは、Visual Studio 2019でASP.NET Coreを開発する際に自動的に組み込まれる”SQL Server Express LocalDB”の概要や簡単な操作例を説明する。

Visual Studio の開発用データベース

  • Visual Studio 2019のインストール時に指定できるワークロードで「ASP.NET と Web 開発」を選択することで「SQL Server Express LocalDB エンジン」がインストールされるので、こちらを利用します。
  • Visual Studio付属の[SQL Server オブジェクト エクスプローラー]ビューウインドウを使用することで、データベース接続が可能です。このウインドウを使って、テーブル作成、データ編集、クエリ実行等の基本的な操作を行えます。
  • SQL Server Express LocalDB エンジンの概要は次の通りです。
    • 「SQL Server Express LocalDB」はSQL Server Expressエディションの一部であり、アプリケーション開発者向けの軽量のSQL Serverデータベースです。開発者向けのものであり、リッチな構成・管理ツールは付属しませんが、インストールが簡単ですぐに使用できます。
    • SQL Server Express WebLog“によると、対して2つのニーズがあったそうです。これらを無理にSQL Server Expressに詰め込むより、ExpressとExpress LocalDBに分離する方式を採用したそうです。
      1. 無償版SQL Server: インストール、管理、プログラミングに関して他のエディションと100%互換があり、かつ無償である。勉強やトレーニング、本番環境の縮小版として使用したい。
      2. 開発用SQL Server: 本番でSQL Serverを使用する想定のアプリケーション開発で使用したい。(具体的な要件として、軽量・シンプルで管理を必要とせず、非管理者ユーザで実行できる、等)
    • 「SQL Server Express LocalDB エンジン」はSQL Server Expressの一部であるため、SQL Server Expressのインストーラからもインストール可能です。

使用方法

データベースへの接続

SQL Server オブジェクト エクスプローラーウインドを使って接続を確認します。

  1. Visual Studio 2019の[表示]-[SQL Server オブジェクト エクスプローラー]をクリックする。
  2. 表示されたウインドウで各種の操作が可能です。
    データベースインスタンスとして、MSSQLLocalDBとProjectV13の2つがありますが、アプリケーション開発ではMSSQLLocalDBを使用します。
    (ProjectV13は”SQL Server Data Tools(SSDT)“というDBツールで使用するインスタンスです。)

クエリの実行例

“(localdb)\MSSQLLocalDB”インスタンスを右クリックし、[新しいクエリ]をクリックすることで、クエリ実行ウインドウを表示できます。

クエリ実行ウインドウでのデータベースやテーブルの作成例です。

GUIの使用例

SQL Server Management StudioのようにGUIでデータベースオブジェクトを右クリックし、データベースの作成、テーブル定義の変更、データ編集ができます。


接続文字列の確認

SQL Server オブジェクト エクスプローラーウインドで、対象のデータベースのプロパティを表示して、接続文字列を確認できます。

なお、前述の例で作成したデータベースへの接続文字列は次のようになります。

Data Source=(localdb)\MSSQLLocalDB;Initial Catalog=test;Integrated Security=True;Connect Timeout=30;Encrypt=False;TrustServerCertificate=False;ApplicationIntent=ReadWrite;MultiSubnetFailover=False

参考

SQL Server Express LocalDBのインストール

Visual Studio 2019のインストール時に指定できるワークロードで、「ASP.NET と Web 開発」や「データの保存と処理 」を選択することで「SQL Server Express LocalDB エンジン」がインストールされます。
(インストールされていない場合、後からVisual Studio 2019のインストーラを起動し、「変更」にて選択できます。)

[個別のコンポーネント]で個別に指定してインストールすることもできます。

データベースファイルの保存場所

データベースのファイル群の既定の保存場所は次の場所になります。

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\Microsoft SQL Server Local DB\Instances\MSSQLLocalDB

参考リンク



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, Visual Studio, 実装技術

執筆者:

関連記事

postgresqlでの拡張のインストール

PostgreSQL10で暗号化関数を使用するため拡張(pgcrypto)をインストールした際の出来事を記載します。 事象 pgcryptoの拡張をインストールしたり、インストールの確認を行うと、その …

vbaでのエンコード/デコードのサンプル

Excel(vba)で、MD5/SHA-1/SHA-2(SHA-256)の出力、Hex/Base64エンコード/デコードを調べたので備忘録として残します。 動作検証した環境は、Windows10+Of …

DOSバッチリファレンス

ちょっとした事でbatファイルを作成することが多い。 そのたびにネット検索するのが非効率なため、リファレンス化しようと思う。 そういう目的なので、自分がよく調べる項目に絞っている。 開発時の注意点 直 …

Apache HttpClientの通信内容をダンプ

アプリやミドルウェの動作の正常性確認や問題発生時の問題切り分けのために、HTTPリクエストやレスポンスのヘッダやボディを確認したい場合がある。Java系のアプリではApacheのHttpClientが …

Windows10のインストール場所を選べない

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。 既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpr …

プロフィール ゆっきーです。
都内でシステムエンジニアをやっています。
もっと詳細を見る