ゆっきーのブログ

実践的なシステム設計開発、アプリケーションフレームワーク開発、トラブルシューティング、 後輩育成のためのブログ。その他、キャンプ、トレッキング・登山やレジャー等。

1. システムエンジニアリング Apache 基盤技術

WindowsにApacheを構築

投稿日:


アプリケーション開発環境として主にWindowsを使っています。
開発時の検証で使用するミドルウェアがApacheを使用することが多いので、ここでは開発環境であるWindowsにApacheを構築する方法を説明します。

前提

  • Windows10(64ビット)環境を前提とします。
  • ApacheのWindows版としていくつか候補がありますが、ここではApache Loungeのものを使用します。
  • 配置先は”C:\devenv\apache24″とします。検証でapacheを使用する他のミドルウェアを使用する場合、同様に”C:\devenv”配下に配置する想定です。

構築手順

Apacheのダウンロードと展開

  1. ダウンロード
    Apache公式サイトのダウンロードからApache Loungeを開き、zipファイルをダウンロードします。
    (ここでは、”httpd-2.4.37-win64-VC15.zip”とします。)
  2. 展開先フォルダの作成
    “C:\devenv”フォルダを作成します。
  3. 展開
    上記のzipファイルを任意のフォルダに解凍し、このフォルダに含まれている”Apache24″を”C:\devenv”直下に移動またはコピーします。

設定ファイルの更新

“C:\devenv\Apache24\conf\httpd.conf”を次のように編集します。
(後で何を変更したか把握できるよう、編集前にhttpd.conf.org等にコピーしておくことをお勧めします。)

...
#
# ServerRoot: The top of the directory tree under which the server's
# configuration, error, and log files are kept.
#
# Do not add a slash at the end of the directory path.  If you point
# ServerRoot at a non-local disk, be sure to specify a local disk on the
# Mutex directive, if file-based mutexes are used.  If you wish to share the
# same ServerRoot for multiple httpd daemons, you will need to change at
# least PidFile.
#
Define SRVROOT "C:\devenv\Apache24"

ServerRoot "${SRVROOT}"
...

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
Listen localhost:8070

...
#
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
#
ServerName httpserv:8070

...

12行目: Apacheのホームディレクトリを指定
25行目: ローカルホストからのアクセスのみ許可(ポート番号は8070)
35行名: 暫定のデフォルトのホスト名

サービスとして登録

スタートメニューを右クリックし、”Windows PowerShell(管理者)”を起動し、次のようにコマンドを実行する。

> cd C:\devenv\Apache24\bin
> .\httpd.exe -k install
Installing the 'Apache2.4' service
The 'Apache2.4' service is successfully installed.
Testing httpd.conf....
Errors reported here must be corrected before the service can be started.
> Set-Service -Name Apache2.4 -StartupType Manual    ※手動起動にしたい場合は実行
> Start-Service Apache2.4 

動作確認

ブラウザで”http://localhost:8070″を開く。
“It works!”と表示されることを確認する。

参考: サービスの解除

「サービスとして登録」と同様に”PowerShell(管理者)”を起動し、次のコマンドを実行する。

> cd C:\devenv\Apache24\bin
> .\httpd.exe -k uninstall
Removing the 'Apache2.4' service
The 'Apache2.4' service has been removed successfully.

-1. システムエンジニアリング, Apache, 基盤技術

執筆者:


  1. […] こちらの手順で、Widows 10(64ビット)環境で動作するapacheが既に構築されている。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

区分データ生成ツール

区分定義書の変更時、定数や列挙体、マスタの一部を手動で修正するような運用だと、抜け漏れや間違いが発生する場合があります。この辺の手間や間違いを低減するために、区分定義書から自動的に成果物を作成するEx …

Webアプリテスト用のHTTPヘッダの追加

フロントに配置されたリバースプロキシサーバやロードバランサで設定されたHTTPヘッダを使用するWebアプリを開発することが多々あります。 このようなシナリオでは、設計に基づいて実装することはできますが …

EAP7のインストールとパッチ適用

仕事でredhat社のEnterprise Application Server7(EAP7)を扱うことが多いので備忘録として記載します。 なお、このサイトでWebアプリを公開したいと考えていますが、 …

DOSバッチリファレンス

ちょっとした事でbatファイルを作成することが多い。 そのたびにネット検索するのが非効率なため、リファレンス化しようと思う。 そういう目的なので、自分がよく調べる項目に絞っている。 開発時の注意点 直 …

JBoss EAP7でDEBUG/TRACEログを出力

JBoss EAP7でアプリのDEBUGやTRACEのログを出力する方法を記載します。 開発の序盤でアプリのDEBUGログがeclipseのコンソールやログファイルに出力されず、困る場合があるので、メ …