ゆっきーのブログ

実践的なシステム設計開発、アプリケーションフレームワーク開発、トラブルシューティング、 後輩育成のためのブログ。その他、キャンプ、トレッキング・登山やレジャー等。

1. システムエンジニアリング eap/wildfly 基盤技術

開発環境のJBoss EAP7にリモートアクセス

投稿日:2018年12月24日 更新日:


開発中のものを他者に見せたり、問題が発生している開発者の開発物を参照するために、eclipse上で起動しているEAP7のWebアプリに別のPCからアクセスしたい場合があります。
このための手順を記載します。(既定ではローカルからのアクセスしかできないようになっています。)

前提

  • Windows環境の開発環境(Eclipse)での設定を前提とします。
    本番環境等の運用環境での設定は、「参考」に記載した手順が正になると思います。
  • 対象のサーバはJBoss Application Server 7.1(EAP7.1)をとします。Wildflyでも同様と思われます。
  • この設定を行うと、誰でもリモートからアクセスできるようになるため、セキュリティリスクが高まります。目的が達成された後には速やかに元の設定に戻すことを推奨します。

設定手順

  1. Eclipseのサーバビューでサーバをダブルクリックして概要を表示する。
    [起動構成]をクリックして[起動構成プロパティ-の編集]を開く。
  2. [プログラムの引数]にある”-b localhost”をローカルホスト以外からもアクセスできるように”-b 0.0.0.0″に変更します。
    また、設定変更が元に戻されないようにするために、[実行時に関連する引数を常に更新する。]チェックを外します。
  3. EAP7を起動しなおす。

参考

本番環境等の運用環境では、次のよう8行目のようにpublicインターフェイスを”127.0.0.1″から”0.0.0.0″(または必要最小限のインターフェイス)に設定変更するのが正しいと思います。
が、しかし、開発環境(Eclipse)からの起動だと上記の”-b localhost”が指定(優先)されてしまい、次の設定は無視されてしまいます。

<server>
...
    <interfaces>
        <interface name="management">
            <inet-address value="${jboss.bind.address.management:127.0.0.1}"/>
        </interface>
        <interface name="public">
            <inet-address value="${jboss.bind.address:0.0.0.0}"/>
        </interface>
    </interfaces>
    <socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">
        <socket-binding name="management-http" interface="management" port="${jboss.management.http.port:9990}"/>
        <socket-binding name="management-https" interface="management" port="${jboss.management.https.port:9993}"/>
        <socket-binding name="ajp" port="${jboss.ajp.port:8009}"/>
        <socket-binding name="http" port="${jboss.http.port:8080}"/>
        <socket-binding name="https" port="${jboss.https.port:8443}"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
</server>

-1. システムエンジニアリング, eap/wildfly, 基盤技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

区分データ生成ツール

区分定義書の変更時、定数や列挙体、マスタの一部を手動で修正するような運用だと、抜け漏れや間違いが発生する場合があります。この辺の手間や間違いを低減するために、区分定義書から自動的に成果物を作成するEx …

パスワード情報の保管方式の比較

Webアプリの開発でパスワードを使ったユーザ認証を設計・実装する機会がよくある。 後輩への説明や勉強会ネタとして、この辺の話を纏めてみようと思う。 概要 オンラインバンキングやネットショッピングのサイ …

WindowsにApacheを構築

アプリケーション開発環境として主にWindowsを使っています。 開発時の検証で使用するミドルウェアがApacheを使用することが多いので、ここでは開発環境であるWindowsにApacheを構築する …

保守運用

運用 と 保守 の 違い

若い頃は 運用 と 保守 の違いを調べても良くわからなかった… この辺を使い分けられる人をほとんど見たことない… ある事項が運用なのか保守なのかの話をすると認識が合わない&#8 …

DOSバッチリファレンス

ちょっとした事でbatファイルを作成することが多い。 そのたびにネット検索するのが非効率なため、リファレンス化しようと思う。 そういう目的なので、自分がよく調べる項目に絞っている。 開発時の注意点 直 …