アプリ開発ときどきアウトドア

主にJavaを使ったアプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング eap/wildfly 基盤技術

開発環境のJBoss EAP7にリモートアクセス

投稿日:2018年12月24日 更新日:


開発中のものを他者に見せたり、問題が発生している開発者の開発物を参照するために、eclipse上で起動しているEAP7のWebアプリに別のPCからアクセスしたい場合があります。
このための手順を記載します。(既定ではローカルからのアクセスしかできないようになっています。)

前提

  • Windows環境の開発環境(Eclipse)での設定を前提とします。
    本番環境等の運用環境での設定は、「参考」に記載した手順が正になると思います。
  • 対象のサーバはJBoss Application Server 7.1(EAP7.1)をとします。Wildflyでも同様と思われます。
  • この設定を行うと、誰でもリモートからアクセスできるようになるため、セキュリティリスクが高まります。目的が達成された後には速やかに元の設定に戻すことを推奨します。

設定手順

  1. Eclipseのサーバビューでサーバをダブルクリックして概要を表示する。
    [起動構成]をクリックして[起動構成プロパティ-の編集]を開く。
  2. [プログラムの引数]にある”-b localhost”をローカルホスト以外からもアクセスできるように”-b 0.0.0.0″に変更します。
    また、設定変更が元に戻されないようにするために、[実行時に関連する引数を常に更新する。]チェックを外します。
  3. EAP7を起動しなおす。

参考

本番環境等の運用環境では、次のよう8行目のようにpublicインターフェイスを”127.0.0.1″から”0.0.0.0″(または必要最小限のインターフェイス)に設定変更するのが正しいと思います。
が、しかし、開発環境(Eclipse)からの起動だと上記の”-b localhost”が指定(優先)されてしまい、次の設定は無視されてしまいます。

<server>
...
    <interfaces>
        <interface name="management">
            <inet-address value="${jboss.bind.address.management:127.0.0.1}"/>
        </interface>
        <interface name="public">
            <inet-address value="${jboss.bind.address:0.0.0.0}"/>
        </interface>
    </interfaces>
    <socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">
        <socket-binding name="management-http" interface="management" port="${jboss.management.http.port:9990}"/>
        <socket-binding name="management-https" interface="management" port="${jboss.management.https.port:9993}"/>
        <socket-binding name="ajp" port="${jboss.ajp.port:8009}"/>
        <socket-binding name="http" port="${jboss.http.port:8080}"/>
        <socket-binding name="https" port="${jboss.https.port:8443}"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
</server>


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, eap/wildfly, 基盤技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ASP.NET Core: エラーメッセージの日本語化

ASP.NET Coreでは入力値を検証するための[Required]等の検証属性が提供されていますが、エラーメッセージが英語になっています。 検証属性以外でも画面の実装方法によってはモデルバインディ …

grid

Excelで月初日、第1週日、第2週日を算出する

プロジェクト管理で毎年、毎月のタスクを管理するために、この辺の操作を行うためのExcel関数を調べたので記載しておきます。 Excelの関数式 ここでは、基本的に5営業日単位で管理したいことと、最初の …

Windows10のインストール場所を選べない

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。 既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpr …

.NET Core: Microsoft.Graph.Authの正式版予定

.NET CoreでMicrosoft Graphを操作するために、Microsoft Graph API SDK(“Microsoft.Graph”パッケージ)の使用を考えて …

ASP.NET Core: Remote属性の過剰なHTTP要求を抑制

Remote属性は入力欄に対する文字入力やフォーカスが外れたタイミングで、サーバ側検証ロジックを実行できます。例えば、登録対象となるユーザIDが既に実在しないかの検証等、サーバ側でしか検証が難しい場合 …