NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング eap/wildfly 基盤技術

wildflyアップロードサイズ上限

投稿日:

多くのWebサーバやAPサーバでは、サーバリソースの過剰な消費やDoS攻撃に対する対処として、アップロードの最大サイズが決められている。(厳密には、ブラウザから入力値やファイル等のデータを送信するためのPOSTメソッドの最大サイズである。)
Wildfly13でのアップロードサイズの扱いについて調べた。

Wildflyでの設定箇所と既定値

POSTの上限サイズは、サブシステムundertowのhttp-listener要素のmax-post-size値で定義する。
デフォルトは10MB(10,485,760バイト)、最小値は0、最大値は無制限(-1)である。詳細な定義についてはWildflyのリファレンスを参照のこと。

...
        <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:undertow:6.0" default-server="default-server" default-virtual-host="default-host" default-servlet-container="default" default-security-domain="other">
            <buffer-cache name="default"/>
            <server name="default-server">
                <http-listener name="default" socket-binding="http" redirect-socket="https" enable-http2="true" max-post-size="10485760"/>
                <https-listener name="https" socket-binding="https" security-realm="ApplicationRealm" enable-http2="true"/>
                <host name="default-host" alias="localhost">
                    <http-invoker security-realm="ApplicationRealm"/>
                </host>
            </server>
            <servlet-container name="default">
                <jsp-config/>
                <websockets/>
            </servlet-container>
        </subsystem>
...

アップロード上限を超えた場合の挙動

アップロード上下を超えたPOSTを実行した場合、サーバ側ではログファイルに次のように記録される。
Webアプリ側の例外ハンドラより前にWildfly(undertow)がRequestTooBigException例外をスローしている。

...
Caused by: io.undertow.server.RequestTooBigException: UT000020: Connection terminated as request was larger than 10485760
	at io.undertow.conduits.FixedLengthStreamSourceConduit.checkMaxSize(FixedLengthStreamSourceConduit.java:168)
	at io.undertow.conduits.FixedLengthStreamSourceConduit.read(FixedLengthStreamSourceConduit.java:229)
	at org.xnio.conduits.ConduitStreamSourceChannel.read(ConduitStreamSourceChannel.java:127)
	at io.undertow.channels.DetachableStreamSourceChannel.read(DetachableStreamSourceChannel.java:209)
	at io.undertow.server.HttpServerExchange$ReadDispatchChannel.read(HttpServerExchange.java:2337)
	at org.xnio.channels.Channels.readBlocking(Channels.java:294)
	at io.undertow.servlet.spec.ServletInputStreamImpl.readIntoBuffer(ServletInputStreamImpl.java:192)
	at io.undertow.servlet.spec.ServletInputStreamImpl.read(ServletInputStreamImpl.java:168)
	at io.undertow.server.handlers.form.MultiPartParserDefinition$MultiPartUploadHandler.parseBlocking(MultiPartParserDefinition.java:213)
	at io.undertow.servlet.spec.HttpServletRequestImpl.parseFormData(HttpServletRequestImpl.java:833)
	... 54 more

ブラウザ側では、次のようにサーバ側からネットワーク接続が切断(リセット)された旨を示す、ERR_CONNECTION_RESETエラー画面(Chromeの例)が表示される。

アップロード上限エラーのハンドリング方法の検討

アップロード上限を超過した場合は、アップロード上限を超えている旨のエラー画面を、ユーザに表示したい。
HTTPではリクエストの送信中に送信を中断して、応答コードを返す仕組みは存在せず、送信の完了を待たざるを得ない。送信の完了を待つために送信されるデータを全て受信すると、サーバリソースの枯渇を招く可能性がある。そうなると、サーバを保護するためにHTTP(TCP)の接続を切断せざるを得ないので、このような結果になっても仕方ないかと考えられます。
Wildflyのフロントにロードバランサや配置される場合、転送先のWildflyから接続をリセットされたことを検知して、内部サーバエラー(500系)のエラー画面を出すことは可能かもしれませんが、リセットされた理由までは分からないので「アップロード上限を超えている」をピンポイントで指摘することは難しいと思います。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, eap/wildfly, 基盤技術


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ASP.NET Core: IHttpClientFactoryの単純サンプル

IHttpClientの使い方やサンプルの記事を書きましたが、後から見るとちょっと量が多いと感じました。 とりあえず動かしてみたい、概略を知りたい、急いでいる等の人向けに、もっと単純なサンプルを用意し …

技術検証

Linuxでの gdrive の使い方

2020年現在、認証時にGoogleにブロックされることや、ツールのメンテナンスが終了していることもあり、rclone等の別のツールをお薦めします。 前提 使用した環境は次の通り。 OSはCentOS …

セッションタイムアウトの必要性

「セッションタイムアウトって何で必要なんですかね?」という問いがあった。 その人は「セッションデータの肥大化によるリソース枯渇や性能劣化を防止」という意見。 自分の場合、「それもあるかもしれないが、ど …

Azure AD B2Cの拡張属性とカスタム属性の違い

Azure AD B2Cのユーザアカウントを操作する際、拡張属性(ExtensionProperty)とカスタム属性(Custom Attribute)というキーワードがあり紛らわしい…と …

Webアプリ用のサイトマップ生成

Googleの検索結果への表示を促進するためにGoogleに対してサイトマップを提供する必要がある。 WordPressでは様々なプラグインを使ってサイトマップを作成できるが、Webアプリの場合は独自 …