NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング eap/wildfly 基盤技術

wildflyアップロードサイズ上限

投稿日:

多くのWebサーバやAPサーバでは、サーバリソースの過剰な消費やDoS攻撃に対する対処として、アップロードの最大サイズが決められている。(厳密には、ブラウザから入力値やファイル等のデータを送信するためのPOSTメソッドの最大サイズである。)
Wildfly13でのアップロードサイズの扱いについて調べた。

Wildflyでの設定箇所と既定値

POSTの上限サイズは、サブシステムundertowのhttp-listener要素のmax-post-size値で定義する。
デフォルトは10MB(10,485,760バイト)、最小値は0、最大値は無制限(-1)である。詳細な定義についてはWildflyのリファレンスを参照のこと。

...
        <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:undertow:6.0" default-server="default-server" default-virtual-host="default-host" default-servlet-container="default" default-security-domain="other">
            <buffer-cache name="default"/>
            <server name="default-server">
                <http-listener name="default" socket-binding="http" redirect-socket="https" enable-http2="true" max-post-size="10485760"/>
                <https-listener name="https" socket-binding="https" security-realm="ApplicationRealm" enable-http2="true"/>
                <host name="default-host" alias="localhost">
                    <http-invoker security-realm="ApplicationRealm"/>
                </host>
            </server>
            <servlet-container name="default">
                <jsp-config/>
                <websockets/>
            </servlet-container>
        </subsystem>
...

アップロード上限を超えた場合の挙動

アップロード上下を超えたPOSTを実行した場合、サーバ側ではログファイルに次のように記録される。
Webアプリ側の例外ハンドラより前にWildfly(undertow)がRequestTooBigException例外をスローしている。

...
Caused by: io.undertow.server.RequestTooBigException: UT000020: Connection terminated as request was larger than 10485760
	at io.undertow.conduits.FixedLengthStreamSourceConduit.checkMaxSize(FixedLengthStreamSourceConduit.java:168)
	at io.undertow.conduits.FixedLengthStreamSourceConduit.read(FixedLengthStreamSourceConduit.java:229)
	at org.xnio.conduits.ConduitStreamSourceChannel.read(ConduitStreamSourceChannel.java:127)
	at io.undertow.channels.DetachableStreamSourceChannel.read(DetachableStreamSourceChannel.java:209)
	at io.undertow.server.HttpServerExchange$ReadDispatchChannel.read(HttpServerExchange.java:2337)
	at org.xnio.channels.Channels.readBlocking(Channels.java:294)
	at io.undertow.servlet.spec.ServletInputStreamImpl.readIntoBuffer(ServletInputStreamImpl.java:192)
	at io.undertow.servlet.spec.ServletInputStreamImpl.read(ServletInputStreamImpl.java:168)
	at io.undertow.server.handlers.form.MultiPartParserDefinition$MultiPartUploadHandler.parseBlocking(MultiPartParserDefinition.java:213)
	at io.undertow.servlet.spec.HttpServletRequestImpl.parseFormData(HttpServletRequestImpl.java:833)
	... 54 more

ブラウザ側では、次のようにサーバ側からネットワーク接続が切断(リセット)された旨を示す、ERR_CONNECTION_RESETエラー画面(Chromeの例)が表示される。

アップロード上限エラーのハンドリング方法の検討

アップロード上限を超過した場合は、アップロード上限を超えている旨のエラー画面を、ユーザに表示したい。
HTTPではリクエストの送信中に送信を中断して、応答コードを返す仕組みは存在せず、送信の完了を待たざるを得ない。送信の完了を待つために送信されるデータを全て受信すると、サーバリソースの枯渇を招く可能性がある。そうなると、サーバを保護するためにHTTP(TCP)の接続を切断せざるを得ないので、このような結果になっても仕方ないかと考えられます。
Wildflyのフロントにロードバランサや配置される場合、転送先のWildflyから接続をリセットされたことを検知して、内部サーバエラー(500系)のエラー画面を出すことは可能かもしれませんが、リセットされた理由までは分からないので「アップロード上限を超えている」をピンポイントで指摘することは難しいと思います。







-1. システムエンジニアリング, eap/wildfly, 基盤技術


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

JavaでのZIP暗号化の考察

法務系業務を行うシステムを設計するにあたり、次のような要件がありました。 CSVファイルの暗号化方式として、当初からパスワード付きZIPファイルの使用を検討していたため、ZIP圧縮を使用する前提で調査 …

ASP.NET Core: タグヘルパーでのHTML編集方法

ASP.NET Coreで独自のタグを生成するためにTagHelperを使用します。 TagHelperでどのようにHTMLを生成できるかを説明します。 概要 ここではタグヘルパーで出力するHTMLの …

JavaEE7のJSF, Facelets, JSPの関係

JavaEEを使ったアプリ開発の際に、いつも気になるが後回しにしていたこと… HTML5への対応方法の調査等、今後の理解促進のために、調べてみた。 FaceletsとJSFとの関係は? J …

Visual Studio 2019と開発用DB(LocalDB)

Visual Studio 2019でのASP.NET Coreを使ったシステム開発の標準化を検討している。 開発工程では技術検証、新機能向けのテーブル定義の検討、単体試験等を目的として、開発者が自由 …

LinuxにWildfly18のインストール

Linux(REHL8.3)にWildfly18をインストールする手順を説明します。 概要 RHEL8.3環境を使ったWildfly18+JDK11のインストール手順を説明します。 Red Hat J …