NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング 基盤技術

VULTR: SSH鍵の作成とVPSの構築

投稿日:2021年4月23日 更新日:

VULTRでVPSを作成し、Tera Term(SSH)で管理する方法について説明します。

概要

  • VULTRにおいて、次の前提でVPSを構築する手順を説明します。
    • “New York(NJ)”拠点で提供される$3.5プランを選択する。
    • OSとしてUbuntuを選択する。
    • SSH鍵認証で接続できるようSSH鍵を選択する。
  • VPSをWindows10で管理する前提とし、SSHクライアントとしてTera Termを使用します。
  • SSH鍵の作成方法はいくつか考えられますが、ここではTera Termを使用してSSH鍵を作成します。
  • VULTRを使用するユーザ登録を行っているものとします。
  • VULTRの概要や$2.5/$3.5プランはこちらで紹介しています。

SSH鍵の作成と登録

VULTRのFAQにあるようにSSH鍵の作成方法はいくつか考えられますが、ここではTera Termの機能を使ってSSH鍵を作成します。

  1. SSH鍵を作成します。
    次を参考に公開鍵ファイルと秘密鍵ファイルを作成します。
    この際、Tera Termで読み込めるよう鍵のパスフレーズは指定しないでください。
  2. [Account]の[SSH Keys]にある[Add SSH Keys]をクリックします。
  3. 公開鍵ファイル(id_rsa.pub)をメモ帳等で開き、内容をコピーします。
    次のように入力欄にペーストして、[Add SSH Key]をクリックします。。
  4. 登録が完了すると次のように一覧に表示されます。

VPSの作成手順

各種の条件を選択してVPSをデプロイします。

  1. メニューの[Products]を選択し、右上の+マークをクリックし、[Deploy New Server]をクリックする。
  2. VPSを作成するので[Cloud Compute]をクリックする。
  3. VPSを作成する拠点を選択する。
    ここで選択する拠点によって後で選択できるプランが異なる場合があります。
    例えば、$2.5プランは”New York(NJ)”または”Atlanta”、$3.5プランは”New York(NJ)”、$5プラン以上は任意の拠点で選択可能です。
  4. OSの種類を選択します。
    OSのアイコンをクリックすると、OSとバージョンを選択できます。
    独自のISOファイルを指定することもできます。(概要アップロードの条件)。
  5. プランを選択します。
  6. 必要に応じてオプションをクリックします。
  7. 使用するSSH鍵を選択します。
    選択は必須ではありませんが、ここでは前述の手順で作成したSSH鍵を選択します。
    なお、ここで指定した鍵はrootユーザ向けの鍵であり、/root/.ssh/authorized_keysに登録されます。root以外のユーザに対するSSHの鍵設定に関してはガイドをご覧ください。
  8. ホスト名や管理上の名称を指定し、[Deploy Now]をクリックします。
  9. VPSが作成され、OSのインストールが開始されます。

作成されたVPSの確認

  • OSのインストールが終わると、Statusが[Running]に変更されます。
    [Running]右隣の[・・・]から、サーバの詳細情報やコンソール接続を選択できます。
  • [Server Details]のイメージは次の通りです。
    ここではVPSのIPアドレスやrootの初期パスワードを確認できます。
  • [View Console]のイメージは次の通りです。

SSH鍵認証によるSSH接続

  • Tera Termを起動し、接続先ホスト名またはIPアドレスとユーザ名を指定します。
    認証方式で秘密鍵ファイル(id_rsa)を指定し、接続します。
  • なお、秘密鍵ファイルとして暗号化されたファイルを指定すると次のエラーになります。
    鍵を再作成するか、openssl等のツールで鍵ファイルの暗号化を解除する必要があります。
    error: 0909006C: PEM routines: get_name: no start line


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, 基盤技術

関連記事

Wildflyでリクエストをダンプする

Webアプリのデバッグや障害対応等で、Webアプリに対するリクエストやレスポンスのHTTPヘッダや内容を確認したい場合がある。 次のような場面ではクライアント側での確認ができないため、今回のようにAP …

ASP.NET Core: IHttpClientFactoryの単純サンプル

IHttpClientの使い方やサンプルの記事を書きましたが、後から見るとちょっと量が多いと感じました。 とりあえず動かしてみたい、概略を知りたい、急いでいる等の人向けに、もっと単純なサンプルを用意し …

ASP.NET Core: エラーメッセージの日本語化

ASP.NET Coreでは入力値を検証するための[Required]等の検証属性が提供されていますが、エラーメッセージが英語になっています。 検証属性以外でも画面の実装方法によってはモデルバインディ …

chromeのjavascriptを一時的に無効化

Webアプリの開発やテストで、クライアント側のバリデーションを無効にしてサーバ側バリデーションの動作確認する、等のように一時的にjavascriptを無効にしたい場合があります。これを実現するための方 …

mybatis-generatorプラグインの実装方法

mybatis-generatorを使うことで、各テーブルを操作するためのクラス群を容易に準備することができます。しかしながら、mybatis-generatorが提供する機能では、システム開発で求め …