NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング 基盤技術

VULTRでRHEL8をインストール(1/2)

投稿日:2021年4月29日 更新日:

VULTRのVPSにRHEL8.3をインストールする手順を説明します。

概要

  • VULTRのVPSにRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をインストールする手順を説明します。
    • 実案件でLinuxを導入する場合、企業サポートがあるRHELがよく使用されるので、RHELの構築や運用を行うノウハウを蓄積したい。
    • CentOSのサポート終了に伴い、一部制限があるが開発者でも無償で本番でRHELを使用できるようになった。
    • 2021年4月現在で最新のRHEL8.3を使用する。

  • RHELのサブスクリプションが必要となります。
    該当するサブスクリプションがない場合、Red Hat Developer Programに参加すれば条件付きですが無償でRHELを使用できます。プログラムの参加手順については、こちらをご覧ください。
  • VULTRでは商用OSのテンプレートがないため、RHELのISOイメージを使用してVPSを構築します。
    • VULTRで独自のISOファイルを使用する場合、そのファイルをネット上のどこかに公開する必要があります。VULTRのFAQではいくつかの方法が紹介されていますが、VULTRのストレージ(Object Storage)は月額5$以上で割高なので、ここでは無料で利用できるDropboxを使用します。
      (Dropboxの個人向けのBASICプランでは、2GBまで無料で使用できます。)
    • Red HatからダウンロードできるRHEL8.3のISOファイルは、dvd(約9GB)とboot(約1GB)があります。dvd版だとDropbox無料枠に収まらないので、boot版のISOファイルを使用します。
      (なお、dvd版は全てのパッケージを含んでおり、ネット未接続でもインストールできます。boot版は必要なパッケージをダウンロードしなからインストールするので、ネット接続必須です。)
    • Google DriveにISOファイルを配置して共有リンクを作成して試してみましたが失敗しました。
  • 記事が長くなってしまったため、最後の「RHEL8.3のインストール」は次の投稿で説明します。

ISOファイルのアップロード

  1. Red HatのRHELのページからISOファイルをダウンロードします。
    前述の通り、Dropboxの無料枠(2GB)で公開できるよう、ファイルサイズが小さいBoot版(rhel-8.3-x86_64-boot.iso)をダウンロードします。
  2. Dropboxにアップロードし、[リンクのコピー]をクリックします。
    (公開URIがクリップボードにコピーされます。)
  3. VULTRのポータルにて、メニューの[Product]をクリックし、[ISOs]で[Add ISO]をクリックします。
  4. 前述の手順でコピーしたURIを張り付け、[Upload]をクリックします。
  5. ISOファイルが登録されることを確認します。

試しにVULTRでサポート外のGoogle Driveを試してみました。
Google Driveにて、リンクを知っていれば誰でもアクセス可能なURIを作成して、アップロードを試みましたが、次のようにエラー(429 Too Many Requests)になってしまいました。

VPSの作成

  • VULTRでVPSを作成する手順は単純なので割愛します。
    OSの選択欄(Server Type)では、[Upload ISO]を選択し、前述の手順でアップロードしたISOを選択する必要があります。
    (具体的な手順を知りたい方は、こちらが参考になると思います。)
  • 私が検証した際のVPSの条件は次の通りです。
    • [Choose Server]: [Cloud Compute]
    • [Server Location]: [Tokyo]
    • [Server Type]: [Upload ISO] ※前述の通り
    • [Server Size]: [25 GB SSD $5/mo]
    • [Additional Features]: 選択なし
    • [Server Hostname & Label]: (任意)
  • なお、”New York(NJ)”拠点の$3.5プランを使って、同様にRHELのインストールを試みたのですがダメでした。RHELのインストーラ起動後のインストールを選択すると、次のようにKernel panicになって先に進めませんでした。
    [ end Kernel panic – not syncing: Attempted to kill init! exit code=0x00007f00

RHEL8.3のインストール

ページが長くなったため、次の投稿で説明します。







-1. システムエンジニアリング, 基盤技術

関連記事

IIS Expressでカスタムドメインと自己署名証明書

シングルサインオンの検証等を想定し、開発環境の複数のWebアプリに独自ドメイン名+SSLを使用したい。 Visual Studio 2019で作成したWeb系プロジェクトを前提とし、IIS Expre …

WebサイトのSSL化

次のようなGoogleウェブマスター向け公式ブログでの推奨や、リモートか管理の安全性向上の向上のためにSSL(TLS)を有効にする。 概要 Googleさんの考え 保護されたウェブの普及を目指して(2 …

ASP.NET Core: Remote属性の過剰なHTTP要求を抑制

Remote属性は入力欄に対する文字入力やフォーカスが外れたタイミングで、サーバ側検証ロジックを実行できます。例えば、登録対象となるユーザIDが既に実在しないかの検証等、サーバ側でしか検証が難しい場合 …

.NET Core(C#): Stopwatchで経過時間測定(ミリ秒, マイクロ秒, ナノ秒)

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 ハードウェア CPU: AMD Ryzen 5 3400G, MEM: 16GB, SSD: 130GB OS Windows 10(64ビット) I …

.NET Core(C#): xUnitのAssert使用方法

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 OS Windows 10(64ビット) IDE Microsoft Visual Studio Community 2019(16.8.5) + C …