アプリ開発ときどきアウトドア

主にJavaを使ったアプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング windows 基盤技術

Windows10のインストール場所を選べない

投稿日:

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。
既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpriseをインストールしようした際のトラブルシューティングの記録です。

事象

Windows10をUSB起動でインストール中に、インストール先のディスク(パーティション)を選択する画面が表示される。通常であれば、4個前後のパーティションが表示されていずれかのパーティションを選択するのだが、一覧が表示されない。
画面下に「ドライブが見つかりませんでした。記憶域ドライバをインストールするためには、[ドライバーの読み込み]をクリックしてください。」の警告が表示される。

対応

DELLサポートに電話したが、インストールされたWindows 10 Homeがサポート対象であり、独自インストールはサポート対象外となる、とのこと。
ただ、そういう問い合わせはよくあるそうで、サポート外だが「Intel Rapid Storage Technologyのドライバをインストールすれば改善されるかもしれない」というヒントをもらえた。

Intel Rapid Storage Technology関連のソフトウェアは、下記Intel社で公開されている。

Optane関連やGUI系のソフトウェアも公開されているが、今回の対応で必要なのはドライバソフトウェアのみなので、f6flpy-x64.zipを使用する。

冒頭で記載したWindows10インストール用USBメモリの任意の場所にf6flpy-x64.zipを解凍する。
事象に記載したインストール先選択画面で[ドライバの読み込み]を選択して、このフォルダを指定したら後続のインストール続行できるようになった。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, windows, 基盤技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

疎通確認用pingツール

新人君たちと本番環境の構築作業でデータセンターに入り。 構築したサーバから、既存の重要なサーバへの疎通確認を行うために、pingを何度も入力する予定とのこと。 作業時間の短縮や間違いの低減のために、こ …

愚直SEのための「嫌われる勇気」

愚直に成果を出すことしか知らなかったシステムエンジニアが、デスマーチなプロジェクトで心を病みそうになったが、「嫌われる勇気」を読んで逆に強くなったお話です。 モノ作りが好きだが「コミュニケーションが苦 …

EAP7のインストールとパッチ適用

仕事でredhat社のEnterprise Application Server7(EAP7)を扱うことが多いので備忘録として記載します。 なお、このサイトでWebアプリを公開したいと考えていますが、 …

WebサイトのSSL化

次のようなGoogleウェブマスター向け公式ブログでの推奨や、リモートか管理の安全性向上の向上のためにSSL(TLS)を有効にする。 概要 Googleさんの考え 保護されたウェブの普及を目指して(2 …

システム開発でのmybatis-generatorの利用

システム開発における製造工程の前段では、開発メンバの負荷軽減や共通化のために、各テーブルに対するSELECT/INSERT/UPDATE/DELETEを容易に行うための共通クラスを準備することが望まれ …

プロフィール ゆっきーです。
都内でシステムエンジニアをやっています。
もっと詳細を見る