アプリ開発ときどきアウトドア

主にJavaを使ったアプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング windows 基盤技術

Windows10のインストール場所を選べない

投稿日:

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。
既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpriseをインストールしようした際のトラブルシューティングの記録です。

事象

Windows10をUSB起動でインストール中に、インストール先のディスク(パーティション)を選択する画面が表示される。通常であれば、4個前後のパーティションが表示されていずれかのパーティションを選択するのだが、一覧が表示されない。
画面下に「ドライブが見つかりませんでした。記憶域ドライバをインストールするためには、[ドライバーの読み込み]をクリックしてください。」の警告が表示される。

対応

DELLサポートに電話したが、インストールされたWindows 10 Homeがサポート対象であり、独自インストールはサポート対象外となる、とのこと。
ただ、そういう問い合わせはよくあるそうで、サポート外だが「Intel Rapid Storage Technologyのドライバをインストールすれば改善されるかもしれない」というヒントをもらえた。

Intel Rapid Storage Technology関連のソフトウェアは、下記Intel社で公開されている。

Optane関連やGUI系のソフトウェアも公開されているが、今回の対応で必要なのはドライバソフトウェアのみなので、f6flpy-x64.zipを使用する。

冒頭で記載したWindows10インストール用USBメモリの任意の場所にf6flpy-x64.zipを解凍する。
事象に記載したインストール先選択画面で[ドライバの読み込み]を選択して、このフォルダを指定したら後続のインストール続行できるようになった。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, windows, 基盤技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セッションタイムアウトの必要性

「セッションタイムアウトって何で必要なんですかね?」という問いがあった。 その人は「セッションデータの肥大化によるリソース枯渇や性能劣化を防止」という意見。 自分の場合、「それもあるかもしれないが、ど …

検証用のリバースプロキシサーバの構築方法

リバースプロキシサーバで設定されるHTTPヘッダを使ったアプリの機能が必要になる場合がありますが、開発環境にリバースプロキシサーバが用意されることは経験的にほとんどなく、動作確認に困ることが多々ありま …

開発環境のJBoss EAP7にリモートアクセス

開発中のものを他者に見せたり、問題が発生している開発者の開発物を参照するために、eclipse上で起動しているEAP7のWebアプリに別のPCからアクセスしたい場合があります。 このための手順を記載し …

Javaでサポートする暗号化アルゴリズム

Java暗号化アーキテクチャ Javaで暗号化処理を実装する場合、Java暗号化アーキテクチャ(Java Cryptography Architecture: JCA)と呼ばれるフレームワークを使いま …

ASP.NET Core: CreditCard属性のjavascriptエラー

Visual Studio 2019でASP.NET Coreプロジェクトを作成して[CreditCard]属性を使用すると、クライアント側で次のエラーが発生します。 Uncaught TypeErr …