NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング windows 基盤技術

Windows10のインストール場所を選べない

投稿日:

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。
既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpriseをインストールしようした際のトラブルシューティングの記録です。

事象

Windows10をUSB起動でインストール中に、インストール先のディスク(パーティション)を選択する画面が表示される。通常であれば、4個前後のパーティションが表示されていずれかのパーティションを選択するのだが、一覧が表示されない。
画面下に「ドライブが見つかりませんでした。記憶域ドライバをインストールするためには、[ドライバーの読み込み]をクリックしてください。」の警告が表示される。

対応

DELLサポートに電話したが、インストールされたWindows 10 Homeがサポート対象であり、独自インストールはサポート対象外となる、とのこと。
ただ、そういう問い合わせはよくあるそうで、サポート外だが「Intel Rapid Storage Technologyのドライバをインストールすれば改善されるかもしれない」というヒントをもらえた。

Intel Rapid Storage Technology関連のソフトウェアは、下記Intel社で公開されている。

Optane関連やGUI系のソフトウェアも公開されているが、今回の対応で必要なのはドライバソフトウェアのみなので、f6flpy-x64.zipを使用する。

冒頭で記載したWindows10インストール用USBメモリの任意の場所にf6flpy-x64.zipを解凍する。
事象に記載したインストール先選択画面で[ドライバの読み込み]を選択して、このフォルダを指定したら後続のインストール続行できるようになった。







-1. システムエンジニアリング, windows, 基盤技術


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wildfly11のインストール

このサイトでWebアプリを公開したい。 仕事ではJBoss Enterprise Application Server(JBoss EAP)を使う機会が多いのでそれを使いたいがライセンス料がかかる。無 …

Wildflyでリクエストをダンプする

Webアプリのデバッグや障害対応等で、Webアプリに対するリクエストやレスポンスのHTTPヘッダや内容を確認したい場合がある。 次のような場面ではクライアント側での確認ができないため、今回のようにAP …

JIS X 0208, Shift_JIS, Windows-31Jの歴史と違い

文字コードの話は難しそうなイメージがあり、必要になったタイミングでその都度、最小限の知識を習得して対応してきました…が、効率が悪く踏み込んだ話になった時に困る場合もあるので、ここで真面目に …

Linux管理者おすすめ: viエディタの最小限コマンド

新入社員やUnix/Linux未経験がviで苦戦するのをよく見ます。 ネットではコマンドの説明を主とした内容が多く、このような資料を見てviを使うと、モードの違いが分からず、思ったように編集できないこ …

経験から思うログの設計・実装ポリシー

はじめに これまで様々な企業でシステムやWebアプリの設計開発や運用・保守を行ってきました。これらの経験を踏まえて思うログの設計・実装ポリシーについて説明します。 個人の感想や愚痴になっている個所も多 …