NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング windows 基盤技術

Windows10のインストール場所を選べない

投稿日:

DELLのノートPCであるVostro 5370を購入しました。
既定ではWindows 10 Homeがインストールされていましたが、会社用のボリュームライセンスのWindows10 Enterpriseをインストールしようした際のトラブルシューティングの記録です。

事象

Windows10をUSB起動でインストール中に、インストール先のディスク(パーティション)を選択する画面が表示される。通常であれば、4個前後のパーティションが表示されていずれかのパーティションを選択するのだが、一覧が表示されない。
画面下に「ドライブが見つかりませんでした。記憶域ドライバをインストールするためには、[ドライバーの読み込み]をクリックしてください。」の警告が表示される。

対応

DELLサポートに電話したが、インストールされたWindows 10 Homeがサポート対象であり、独自インストールはサポート対象外となる、とのこと。
ただ、そういう問い合わせはよくあるそうで、サポート外だが「Intel Rapid Storage Technologyのドライバをインストールすれば改善されるかもしれない」というヒントをもらえた。

Intel Rapid Storage Technology関連のソフトウェアは、下記Intel社で公開されている。

Optane関連やGUI系のソフトウェアも公開されているが、今回の対応で必要なのはドライバソフトウェアのみなので、f6flpy-x64.zipを使用する。

冒頭で記載したWindows10インストール用USBメモリの任意の場所にf6flpy-x64.zipを解凍する。
事象に記載したインストール先選択画面で[ドライバの読み込み]を選択して、このフォルダを指定したら後続のインストール続行できるようになった。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

-1. システムエンジニアリング, windows, 基盤技術


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テキストファイルマスクツール

本番環境での性能検証でNGになってしまった。 どの処理でどれほどの処理時間がかかっているかを把握するためにログレベルを変更して、ログを取得した。 対応方法を自社の担当者と検討するために、本番環境からこ …

JavaにおけるFileとPathを使ったパス操作

サーバ側でのzipファイルの解凍等の際に、意図しないディレクトリやファイル(ディレクトリトラバーサル攻撃)へのアクセスを防ぐための検証として、絶対パスを正規化したい場合がある。 Fileクラスを使った …

Apache HttpClientの通信内容をダンプ

アプリやミドルウェの動作の正常性確認や問題発生時の問題切り分けのために、HTTPリクエストやレスポンスのヘッダやボディを確認したい場合がある。Java系のアプリではApacheのHttpClientが …

Wildflyでリクエストをダンプする

Webアプリのデバッグや障害対応等で、Webアプリに対するリクエストやレスポンスのHTTPヘッダや内容を確認したい場合がある。 次のような場面ではクライアント側での確認ができないため、今回のようにAP …

Red Hat Developer ProgramでのRHELの使用

概要 CentOSのサポート終了に伴い、Red Hatが提供する開発者プログラム(Red Hat Developer Program)に参加すれば、開発者でも本番でRHELを使用できるようになりました …