NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング

Logicool MX Keys(KX800)でキー入力が遅延する

投稿日:

事象

次のようにデスクトップPC(Windows10)にUSBレシーバ+MX Keys(KX800)環境で、キー入力が遅延する事象が時々発生します。

  • ミリ秒レベルの若干の入力遅延がある。入力できないわけではないが、画面表示が追い付かず若干のストレスになる。
  • USBレシーバを使ったデスクトップで、1分程間待ってからキー入力すると画面への反映が2秒程遅延する、という事象がありました。
    事象発生時、Easy-Switchボタンが点灯しているのでBluetoothの再接続を試行しているようです。
  • なお、Bluetoothに対応するノートPCと接続してMX Keysを使用する場合は安定しています。

対応

考えられる対応案を記載します。
なお、こちらからLogicoolのMX Keysの資料(マニュアル)にアクセスできます。「よくある質問」(FAQ)も、ここからたどれます。

  1. キーボードの電源のOFF/ONを行う。
  2. MX Keysを再登録(ペアリング)する。
    1. Window10の[設定]-[デバイス]を表示し、一覧に表示されている”MX Keys”を削除後
    2. 同画面の[Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する]をクリックし、[Bluetooth]をクリックする。
    3. 接続先切替ボタン(Easy-Switch)を長押し(3秒間)する。
    4. 画面に表示された番号をキーボードで入力しエンターキーを入力する。
  3. PCを再起動する。
    USBレシーバやMX Keysを再接続した場合、PCを再起動すると改善する場合があります。
  4. キーボードのバッテリーを充電する。
  5. 付属のUSBレシーバを使用する。
    logicoolの他のデバイス(マウス等)に付属するUSBレシーバを使用して、MX Keysを接続することもできますが、遅延が発生する場合があるようです。
    MX Keys constantly lagging / disconnecting : keyboards
  6. MX Keys本体側のファームウェアを更新する。
    • LogicoolサポートからFirmware Update Toolをダウンロードして実行します。このツールは、exe形式となっておりインストールは不要です。
    • 2021年6月現在で最新の2.5.108413を使用すると、このツールからMX Keysに接続できずに次のエラーになってしまいます。エラーメッセージの通りに電源を入れなおしても、私の環境では改善されません。
      PLEASE WAKE UP YOUR KEYBOARD
      We can’t connect to your MX Keys.
      Turn your device off and on to wake it up.

      数回実行して、たまたま接続できた時にファームウェアの更新ができましたが、その後は一切接続できませんでした。同じページから一つ前の1.2.169版をダウンロードできるので、そちらで更新できるかもしれません。

    • MX Keys本体のファームウェアのバージョンは、Logicool Optionsの[増分]-[このデバイス]の一番上に表示されています。上記で更新した結果(2021年6月現在)を見ると、”012.001.00013″になっています。
  7. 電波干渉を回避する。






-1. システムエンジニアリング

関連記事

wildflyアップロードサイズ上限

多くのWebサーバやAPサーバでは、サーバリソースの過剰な消費やDoS攻撃に対する対処として、アップロードの最大サイズが決められている。(厳密には、ブラウザから入力値やファイル等のデータを送信するため …

EAP7のインストールとパッチ適用

仕事でredhat社のEnterprise Application Server7(EAP7)を扱うことが多いので備忘録として記載します。 なお、このサイトでWebアプリを公開したいと考えていますが、 …

デジタル証明書のエンコードと拡張子の違い

デジタル証明書の種類と拡張子の理解が曖昧だったので整理してみました。 証明書や鍵そのものは基本的にはバイナリデータです。 これらのデータは、X.509やPKCSで仕様化されています。 X.509: 公 …

ASP.NET Core: ファイルアップロードのバリデーション

ASP.Net Core(3.1)を使ったファイルアップロードに関する考察です。 元ネタはマイクロソフトのサイトですが、記載内容が私には難しかったり、業務で使用するために悩む部分があったので独自に纏め …

ASP.NET Core: エラーメッセージの日本語化

ASP.NET Coreでは入力値を検証するための[Required]等の検証属性が提供されていますが、エラーメッセージが英語になっています。 検証属性以外でも画面の実装方法によってはモデルバインディ …