NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング ツール

chromeのjavascriptを一時的に無効化

投稿日:2020年4月5日 更新日:

Webアプリの開発やテストで、クライアント側のバリデーションを無効にしてサーバ側バリデーションの動作確認する、等のように一時的にjavascriptを無効にしたい場合があります。これを実現するための方法を説明します。
開発者向けの情報なので、簡単にできる手順を先出しています。

説明

  • 開発者ツールのコマンドでjavascriptを一時的に無効できます。
    開発者ツール(F12) -> Ctrl + Shift + P -> “JavaScriptを無効にする”を選択
    • “java”等の先頭の一部文字を入力することで選択する候補を絞り込めます。
    • 同様に”JavaScriptを有効にする”を選択して、javascriptを有効に戻せます。
  • 開発者ツールの設定からもjavascriptを一時的に無効にできます。
    開発者ツール(F12) -> 設定(F1) -> デバッグ欄にある”JavaScriptを無効にする”をチェック
  • 2022年5月現在で最新のChromeバージョン 101.0.4951.67で確認しました。
  • 参考
    • chrome(80.0.3987.149)等の以前のChromeだと”Disable JavaScript”を選択する必要がありました。
    • 開発者ツールの表示が日本語化されたことに伴い、前述のように”JavaScriptを無効にする”を選択する必要があります。
    • なお、Ctrl + Shift + Pから”英語(アメリカ) – English(US)”を選択し、開発者ツールを再起動することで、開発者ツールの表示を英語に変更することもできます。

手順詳細(開発者ツールのコマンド)

  1. 開発ツールを表示する。(F12)
  2. コマンド実行をクリックする。(Ctrl + Shift + P)
  3. “JavaScriptを無効にする”を選択する。
  4. [ソース]タブに警告が表示されたら無効になっています。

手順詳細(開発者ツールの設定)

  1. 開発ツールを表示する。(F12)
  2. 設定をクリックする。(F1)
  3. “JavaScriptを無効にする”を選択する。
  4. [ソース]タブに警告が表示されたら無効になっています。

参考)恒久的にjavascriptを無効にする

次のURLでchrome設定画面を開き、[許可(推奨)]をOFFにします。
無効にする際のオプション設定で、無効にしないURLの指定もできます。

chrome://settings/content/javascript

メニューから辿る場合、[設定]-[プライバシーとセキュリティ]-[サイトの設定]-を選択し、[許可(推奨)]をOFFにします。







-1. システムエンジニアリング, ツール

関連記事

マスタデータ生成ツール

開発や結合試験、本番環境等で使用するマスタデータをExcelで管理することがあります。 そのようなExcelファイルからDBに登録するためのインサート文を作成するために、いつもツールに悩むので作成して …

自己署名クライアント証明書の作成とIIS認証設定

概要 Windows(PowerShell)で自己署名クライアント証明書を作成し、IISで認証できるようにする手順を説明します。 使用する環境は次の通りです。 OS Windows 10(64ビット) …

テキストファイルマスクツール

本番環境での性能検証でNGになってしまった。 どの処理でどれほどの処理時間がかかっているかを把握するためにログレベルを変更して、ログを取得した。 対応方法を自社の担当者と検討するために、本番環境からこ …

WebアプリでのHTTP GETとPOSTの比較

はじめに 業務Webアプリの開発で、検索画面の実装でGETとPOSTのどちらを使用すべきか悩んだのでその整理で纏めています。 主に次の資料をベースに筆者独自の見解等を追記しています。 HTTP Req …

経験から思うログの設計・実装ポリシー

はじめに これまで様々な企業でシステムやWebアプリの設計開発や運用・保守を行ってきました。これらの経験を踏まえて思うログの設計・実装ポリシーについて説明します。 個人の感想や愚痴になっている個所も多 …