NDW

アプリ開発やトラブルシューティング等のノウハウ、キャンプや登山の紹介や体験談など。

1. システムエンジニアリング Excel/Word

Excelで月初日、第1週日、第2週日を算出する

投稿日:

grid

プロジェクト管理で毎年、毎月のタスクを管理するために、この辺の操作を行うためのExcel関数を調べたので記載しておきます。

Excelの関数式

ここでは、基本的に5営業日単位で管理したいことと、最初の営業日となる月曜日基準で考えます。
つまり、その月の最初の月曜日(第1月曜日)がある週を第1週とします。

  • 月初日(当日1日):
    =EOMONTH(A1,-1)+1

    EOMONTH関数で指定日付の月末日を取得できます。これを使って前月の末日を算出した後に、+1日して当月の1日を算出します。

  • 第1週(第1月曜日): ※A1に上記のように月初日が入力されている前提
    =IF(WEEKDAY(A1,3)>0, A1 + (7-WEEKDAY(A1,3)), A1)

    当月1日が月曜日の場合は、その日を第1週の開始日とします。
    当月1日が火曜日~日曜日の場合は、翌週の月曜日になるように1週間ずらします。この際、単純に+7日すると翌週の火曜日~日曜日になってしまうので、差分の日数を加算するようにしています。(例えば、1日が火曜日だった場合は+6日、1日が日曜日だった場合は+1日等)
    WEEKDAY関数の第2引数「種類」は、何曜日基準とするかの種類を指定できます。引数省略時、日曜日基準(日:1, 月:2, …, 土: 6)になっていますが、今回の用途では扱いづらいので、月曜日基準である3(月: 0, 火: 1, …, 日: 6)を指定しています。

  • 第2週以降:
    上記で求めた第1週の日付に対して、+7, +14, +21, +28することで、第2週以降を算出できます。
    例えば第2週(の月曜日)を算出する場合は次の通りです。

    =A1+7

上記の関数を使って算出したカレンダーの例です。







-1. システムエンジニアリング, Excel/Word


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apache HttpClientの通信内容をダンプ

アプリやミドルウェの動作の正常性確認や問題発生時の問題切り分けのために、HTTPリクエストやレスポンスのヘッダやボディを確認したい場合がある。Java系のアプリではApacheのHttpClientが …

WindowsにApacheを構築

アプリケーション開発環境として主にWindowsを使っています。 開発時の検証で使用するミドルウェアがApacheを使用することが多いので、ここでは開発環境であるWindowsにApacheを構築する …

.NET Core(C#): 配列/List/Dictionary/HashSet変換方法

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 OS Windows 10(64ビット) IDE Microsoft Visual Studio Community 2019(16.8.5) + C …

OWASPが推奨する強力なパスワード

Webアプリケーションのセキュリティの標準化や推進を行うOWASPでは、強力なパスワードの使用を推奨しているので、それをまとめた。 cheatsheetseries.owasp.org  1 …

ASP.NET Core: Remote属性の過剰なHTTP要求を抑制

Remote属性は入力欄に対する文字入力やフォーカスが外れたタイミングで、サーバ側検証ロジックを実行できます。例えば、登録対象となるユーザIDが既に実在しないかの検証等、サーバ側でしか検証が難しい場合 …