CATEGORY

実装技術

eclipseエラー: There is ‘1’ error in ‘javaee_…

事象 eclipseのバージョンアップ後、それまでエラーなくビルドできていたfaces-config.xmlで次のエラーが発生する。 There is '1' error in 'javaee_8.xsd'. 改行する、空白を入れる、等の適当な編集を行い、保存すると解消するが、eclipseを再起動すると再び表示される。 使用しているEclipseのバージョンは次の通りです。 Eclipse ID […]

.NET Core(C#): 配列/List/Dictionary/HashSet変換方法

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 OS Windows 10(64ビット) IDE Microsoft Visual Studio Community 2019(16.8.5) + C#(8.0) パッケージ Microsoft.NET.Test.Sdk 16.10.0 xunit 2.4.1 xunit.runner.visualstudio 2.4.3 Moq 4.16.1 実 […]

C#: Moqを使ったモック・スタブ作成方法

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 OS Windows 10(64ビット) IDE Microsoft Visual Studio Community 2019(16.8.5) + C#(8.0) パッケージ Microsoft.NET.Test.Sdk 16.10.0 xunit 2.4.1 xunit.runner.visualstudio 2.4.3 Moq 4.16.1 完 […]

.NET Core(C#): xUnitのAssert使用方法

はじめに 次の環境を使用して動作確認しています。 OS Windows 10(64ビット) IDE Microsoft Visual Studio Community 2019(16.8.5) + C#(8.0) パッケージ Microsoft.NET.Test.Sdk 16.10.0 xunit 2.4.1 xunit.runner.visualstudio 2.4.3 “Asser […]

.NET Core(C#): enumで文字列を保持

はじめに サンプルは.NET Core 3.1 + C# 8.0で動作確認しています。 列挙体Enumの基本的な使い方はリファレンスやこちらのサンプルをご覧ください。 完全なソースコードはこちらで公開しています。 リンク サンプル カスタムの属性を定義し、列挙体の各値に表示名・文字列値を設定できるるようにするサンプルです。設定した表示値・文字列値は列挙体の拡張メソッドで取得できるようにします。 実 […]

.NET Core(C#): enumの使い方サンプル

はじめに サンプルは.NET Core 3.1 + C# 8.0で動作確認しています。 完全なソースコードはこちらで公開しています。 enumは基本的には数値型を保持しますが、文字列を保持したい場合はこちらでサンプルを公開しています。 以降のサンプルでは次の列挙体を使用します。 [crayon-662924b6aeafa677893841/] リンク 列挙体の基本操作 [crayon-662924 […]

.NET Core(C#): サポートする標準タイムゾーン名一覧

はじめに サンプルは.NET Core 3.1(Windows 10)で動作確認しています。 完全なソースコードはこちらで公開しています。 リンク 標準タイムゾーン名一覧の取得方法 サポートされるタイムゾーンは実行環境によって異なります。 Windowsの場合はレジストリ”HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentV […]

.NET Core(C#): DateTime日付・整数変換サンプル

はじめに サンプルは.NET Core 3.1(Windows 10)で動作確認しています。 型が分かりやすいよう変数宣言ではvarを使用していません。実装時はvarを使用することをおすすめします。 完全なソースコードはこちらで公開しています。 リンク システム日時・日付の取得 [crayon-662924b6aee4f297089585/] 日付・時刻を使用する場合はDateTime構造体を使用 […]

パック10進数の変換方法とC#のサンプル

なお、ゾーン10進数はこちらで紹介しています。 パック10進数 ゾーン10進数の変換方法 10進数の各桁を「上位4ビットで1桁、下位4ビットで1桁」のバイトに変換して生成します。 生成したバイト列の最後の下位4ビットが符号部になっており、符号を示す値を設定します。 符号部の値は実行環境に依存する場合があります。IBM汎用機の場合、符号無しはF(1111)、正はC(1100)、負はD(1101)とな […]

ゾーン10進数の変換方法とC#のサンプル

なお、パック10進数はこちらで紹介しています。 ゾーン10進数 ゾーン10進数の変換方法 10進数の各桁を「ゾーン部(上位4ビット)+数値部(下位4ビット)」のバイトに変換して生成します。 生成したバイト列の最後は「符号部(上位4ビット)+数値部(下位4ビット)のバイトを設定します。 生成したゾーン10進数が実行環境で可読文字(“0”,”1″等の文字 […]